脅迫闇金と呼ばれる「カラ貸し」

闇金=悪徳・悪質というイメージを持つ人は多いと思いますが、詐欺にも似た手法の闇金が増える中、一番悪質度が高いのが『脅迫闇金(カラ貸し)』です。 このヤミ金の特徴は『貸りた覚えがないのに貸したお金を返せ』と返済を請求されること。

消費者金融の裏ルートや、名簿販売業者などから個人情報が書かれたリストを入手し、「以前融資した返済が長いこと滞っている。今すぐ返済しろ」などと突然電話を掛けてきます。
被害者側に身に覚えがないのも当たり前で、融資の実態に関わらず手当たり次第に脅迫的な請求をしてくるのです。 「自分の知らないうちに家族が作ったのかも?」と支払いに応じてしまうと、ひどい目に遭います。

貸してもない金を請求してくるのですから、悪徳・悪質を通り越して、これはもうほとんど犯罪の領域であると言えるのではないでしょうか?

過去に借りた実績のない方ならまだしも、ヤミ金や消費者金融で融資をうけた経験がある人や、どこで借金をしているのか正確に把握できない多重債務者が、脅迫請求に不安になり、焦って支払ってしまうケースも少なくありません。
借りたことがないお金、身に覚えのない請求、完済済みの債権など、『おかしい』と感じたら支払う前に警察や弁護士、司法書士、消費生活センターなどへ相談して下さい。