闇金業者への過払い金請求は難しい

法改正が行われる2010年までに、消費者金融やクレジットカードなどのキャッシング機能を利用してお金を借りたことのある人は、完済済みの方も、まだ支払いが続いている方も全員に過払い金が発生している可能性があります。

過払い金とは『貸金業者に払いすぎた利息』のことで、法改正より前は、多くの業者が法律より高い利息でお金を貸していたため、長く払い続けていればいるほど、業者へ支払った利息額は高額になっています。これを法律に沿って計算し直した際、差額として算出される過払い金を返還するよう請求することができるのです。

むろん、高額利息の代名詞である闇金融も例外ではありません。
では、闇金業者への過払い金請求は可能なのでしょうか?
残念ながら闇金業者に過払い金請求を行うのは困難でしょう。

理由としては、正規の業者ではないため契約文書がなかったり、きちんと管理されていることが少なく、肝心の請求を送ろうにも所在そのものがはっきりしないケースも少なくありません。

正規の業者ではないので、契約文書などをしっかりされている事も少なく、 所在もはっきりしておらず請求を行っても払ってくる業者はほぼいないでしょう そのため、闇金業者への過払い請求は行ってもあまり効果は得られないのが現状です。

所在のわからない業者や、相手の顔が見えない携帯営業などで融資を受けないようにすることが、自己防衛に繋がります。

ヤミ金問題の解決には対応している弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

※ヤミ金対応していない法律家も多いため、対応していると表明している事務所に相談するのが1番です。

★当サイトで紹介している弁護士・司法書士

エストリーガルオフィス(司法書士)

九段下総合法律事務所(弁護士)

ウォーリア法務事務所(司法書士)

イストワール法律事務所(弁護士)