ヤミ金業者に個人情報漏らした27歳男性職員

ヤミ金業者はヤミ金同士での状況共有、情報抜きを行っている業者から情報を買ったり、名簿屋と言われる個人情報を何らかの方法でリスト化から個人情報を手に入れていると何度か記事で紹介していましたが、今回はこんなケースがありました。
以下は記事の引用です。

ヤミ金相談ダイヤル
エストリーガルオフィス
無料相談ダイヤル
0120-566-276

ウォーリア法務事務所(司法書士)
無料相談ダイヤル
0120-037-277

27歳の男性道職員がヤミ金業者に他の道職員の個人情報漏らす 22のヤミ金業者から借金
北海道の27歳の男性職員が、金を借りているヤミ金業者2社に対し、職場の連絡網のデータなどを送り、個人情報を流出させたとして、停職1か月の懲戒処分を受けました。

 停職1か月の懲戒処分を受けたのは、道の留萌振興局に勤務する27歳の男性職員です。
 この職員は、去年10月、自身が金を借りているヤミ金業者1社に対し、仕事の関係者や家族などの名前や電話番号など22件の個人情報が記載された携帯電話の電話帳の画像データを送信したほか、別のヤミ金業者1社に対しても、自身が勤務する課の職員の名前や電話番号が記載された連絡網のデータを、メールで送信しました。
 道によりますと、この男性職員は、パチンコなどで借金がかさみ、22のヤミ金業者から金を借りていたほか、知人にも金を借りていました。
 男性職員に金を貸した1人から、金銭トラブルについて相談を受けた男性職員の上司が本人に確認をしたところ、個人情報を流出させたことを認めたということです。

引用元:HBC北海道放送

闇金で返済が不可能になった人間に対して個人情報を渡すように求めるというケースもあるようですね。
今回のケースのような個人情報がヤミ金に渡ることあるというのはちょっと驚きです。

あやしい勧誘からはお金を借りない

闇金からの勧誘が来てもお金は借りてはいけません。
後払いを利用できなくなった人間を狙って口座を騙し取ろうという悪質な業者もいるというのも見かけます。
口座を闇金に使われることになれば、被害者自身も闇金に加担した人間になりかねません。
もしも闇金被害を受けているならば一人で対応するよりも弁護士司法書士に依頼した方が解決がスムーズだったというケースが多いようなので、もしも被害を受けてしまったら闇金の対応を受け付けている弁護士・司法書士に相談を考えてみてはいかがでしょうか

ヤミ金問題の解決には対応している弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

※ヤミ金対応していない法律家も多いため、対応していると表明している事務所に相談するのが1番です。

★当サイトで紹介している弁護士・司法書士

エストリーガルオフィス(司法書士)

九段下総合法律事務所(弁護士)

ウォーリア法務事務所(司法書士)

イストワール法律事務所(弁護士)

スポンサーリンク
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
スポンサーリンク
【ヤミ金対応】グリフィン法務事務所