断ったのに銀行口座に振り込まれたお金

ある日突然、身に覚えのない返済請求電話が掛かってくることがあります。
それは、本当に突然で、電話をとった本人は何のことやらわからないまま、貸金業者からガミガミ入れる訳です。
よくよく話を聞いてみれば、自分の銀行口座に借りた覚えもない貸金業者からの”融資”が、勝手に振り込まれていて、法外な利息や手数料を、今すぐ払えとまくし立ててくるのです。
意味も分からず突如襲い掛かる半ば脅迫まがいの言いがかりに、恐怖のあまり耐え切れず請求されたとおりに支払ってしまう人が少なくありません。


ヤミ金相談ダイヤル
エストリーガルオフィス
無料相談ダイヤル
0120-566-276

ウォーリア法務事務所(司法書士)
無料相談ダイヤル
0120-037-277

このヤミ金の悪質な手口を「押し貸し」と言います。
聞き覚えのない手口ですが、借り手側の都合とは関係なく、手に入れた個人情報を利用して、勝手に振りこんでくるのです。
「残高が増えてる!」なんて喜んでいる場合ではありません。

この手口にひっかかりやすいのは、過去に闇金業者と取引があった方が、標的にされるケースが多いようです。
闇金業者への返済が終わったのに、また目を付けられて闇金側から融資を押し付けられてたら、平穏な生活をまた手放すことになってしまいます。
闇金業者とは永遠に手を切っておきたいものです。

『押し貸し』は、相手側が勝手に振り込んでいるものであり、当然、契約を交わした正規の取引ではないので、返済の支払義務はありません。
契約書がありませんからね。
勝手に入金されたお金も『不法原因給付』にあたり、民法上、支払いを請求されることも、返す必要もないお金となります。
したがって、そのまま貰ってしまっても構わないお金なのです。
法律でそこまで細かく設定されているので、早い段階で弁護士や司法書士などの専門家に相談することをオススメしています。

なぜこのようなお金が送られてくるのか?

それはヤミ金の間にもカモリストと呼ばれるヤミ金で借りた事があったり、架空請求の業者が買い取った名簿の中に名前が載っていたなどで、被害者の住所がヤミ金業者の手に渡ってしまっている為です。
こういったリストは悪質な業者やヤミ金業者の間で共有されてしまい、押し貸しや架空請求のターゲットとなってしまいます。

こういった押し貸し被害の嫌がらせは、対応が非常に難しくヤミ金業者の嫌がらせに耐えかねて払ってしまったという人が結構います。
消費者センターに行くと「そういった相談は管轄ではないので、警察に行ってくれ」
法テラスで相談しても「警察に相談してくれ」
警察に行ってみたら「直接の被害がなく、相手の住んでる地域が分からないので対応が難しい」「被害に遭っても証拠がないので対応は難しい」
上記のような、たらい回しをされた末、押し貸しを解決することが出来ずに、仕方なく払ってしまった

こんな人非常に多いです。

法律上は問題はないので無視すれば良いのですが、そう簡単じゃないというのが実際の所です。
相手は被害者の個人情報を把握しているので、勤務先まで電話をかけてくるという事もよくあります。
勝手に貸し付けておいて返せ返せとは、正直言って闇金業者による自作自演の三文芝居。
お芝居なら良かったんですが…💦

自分が関わっていない以上、ただのいいがかり請求ですが、応じないでいると執拗な嫌がらせや、昼夜問わず激しい取立て行為をするなど、精神的に追い詰める様々な手口を使い、強引にお金を取立てようとします。
返済してしまうと『融資を認めた』ことになり、完済まで永遠に支払いが続くことになってしまいます。

悪質なヤミ金被害に遭って手遅れになる前に、まずは過去にヤミ金へ教えた銀行口座を解約するところから始めましょう。
また、過去の契約時に書いた連絡先も押さえられているため、携帯電話も解約するほうが良いかもしれません。
専門家の力を借りるのが最短距離ですが、様々な手を駆使して、早急に闇金業者とは手をきりましょう!

ヤミ金問題の解決には対応している弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

※ヤミ金対応していない法律家も多いため、対応していると表明している事務所に相談するのが1番です。

★当サイトで紹介している弁護士・司法書士

エストリーガルオフィス(司法書士)

九段下総合法律事務所(弁護士)

ウォーリア法務事務所(司法書士)

イストワール法律事務所(弁護士)

スポンサーリンク
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
スポンサーリンク
【ヤミ金対応】グリフィン法務事務所