断ったのに銀行口座に振り込まれたお金

ある日突然、身に覚えのない返済請求電話が掛かってくることがあります。
借りた覚えもないお金が、勝手に銀行口座に振り込まれていて、法外な利息を今すぐ払えとまくし立てるのです。
突如襲い掛かる半ば脅迫まがいの言いがかりの恐怖に耐え切れず、請求されたとおりに支払ってしまう人が少なくありません。

このヤミ金の悪質な手口を「押し貸し」と言います。
また、この手口の被害は、以前ヤミ金と取引があった方に多いようです。

当然、契約を交わした上での正規な取引ではないので、返済の支払義務はありません。
勝手に入金されたお金も『不法原因給付』にあたり、民法上、支払いを請求されることも、返す必要もないお金となります。
したがって、そのまま貰ってしまっても構わないお金なのです。

しかしヤミ金のバックには暴力団がついている可能性があります。
自分が関わっていない以上、ただのいいがかり請求ですが、応じないでいると執拗な嫌がらせや、昼夜問わず激しい取立て行為をするなど、精神的に追い詰める様々な手口を使い、強引にお金を取立てようとします。

悪質なヤミ金被害に遭って手遅れになる前に、まずは過去にヤミ金へ教えた銀行口座を解約して下さい。
連絡先も押さえられているため、携帯電話も解約するほうが良いかもしれません。

ヤミ金問題の解決には対応している弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

※ヤミ金対応していない法律家も多いため、対応していると表明している事務所に相談するのが1番です。

★当サイトで紹介している弁護士・司法書士

エストリーガルオフィス(司法書士)

九段下総合法律事務所(弁護士)

ウォーリア法務事務所(司法書士)

イストワール法律事務所(弁護士)