個人間融資でのトラブル SNSでヤミ金が増加!

ツイッターで「#お金貸してください」「#個人融資」「#お金困っています」というような検索ワードで調べた事がありますか?
見てみると物凄い数の個人融資を名乗るヤミ金業者がいます。
これはコロナウイルス禍による生活苦でお金に困っている人間が増えてきている事が背景にあると思われます。

個人間融資

なぜSNSにヤミ金が多いの?

なぜツイッターやインスタグラムといったSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)にはこんなにヤミ金業者がいるのか?
それは昔に比べると比較にならないほどヤミ金が簡単に始められるようになったからです。
昔は、今のように簡単に連絡をする手段があるわけではなく、実際に相手の住所まで行き、暴力をチラつかせて相手を脅して借金を取り立てていました。
そうなるとやはり相手を威圧できる人間が必要になり、ヤミ金のバックにはヤクザがいるか、もしくはヤクザがヤミ金をしていました。
ヤクザとの繋がりがある人間は限られており、逆にヤクザにことわりなくヤミ金をしている目を付けられてしまう
そんな土壌があったので、ヤミ金を始めることはハードルが高かったのです。
しかし、暴力団対策法や取り立て行為への取り締まりの強化により、ヤクザがヤミ金を営業する事はリスクが高くなり、ヤクザはヤミ金から手を引いていき、現在は誰もがスマホを持ち、インターネットが生活と密接な関係を持つようになり、やり方によっては相手を脅かすことが可能になっていきました。

宣伝する方法はツイッターやインスタグラムで特定のハッシュタグつけて投稿しておけば良い
連絡方法はSNSについているダイレクトメール機能でLINE交換をしてやり取りをすればいい
取り立てる方法は個人情報と顔写真を手に入れておけば十分相手の生活を脅かせる

こうして一般人でもヤミ金が出来るようになっていったのです。

ヤミ金相談ダイヤル
エストリーガルオフィス
無料相談ダイヤル
0120-566-276

ウォーリア法務事務所(司法書士)
無料相談ダイヤル
0120-037-277

個人融資をするヤミ金の嫌がらせ

少し古い記事ですが、産経新聞にこんな記事がありました。

 

SNSで個人間融資トラブル……全裸写真担保に苛烈取り立て
債務者に逃げられないよう、全裸の写真を自撮りさせ、身分証の画像も送らせた。返済が滞れば、自宅の玄関ドアに全裸写真を拡大コピーして貼り付け「写真をネットにばらまく」と脅した他、女性に性行為を要求して行為を動画撮影し、アダルトサイトに投稿するなどした。逮捕のリスクを考慮し、債務者の男性に取り立ての代行もさせていたという。

引用元:産経新聞

 

個人間融資でお金を借りるときは自撮りを要求される事がほとんどです。
身分証と一緒に写った写真で身分証が本物かどうかを判断という建前もありますが、実際には顔写真をネットでばら撒くためです。
今では学校の友達同士でもSNSで繋がっていたり、LINEグループを形成している事がほとんどで、現代を生きるのにインターネットを見ないという人はほぼいないでしょう。
昔は一部の人間しか見ないインターネットでしたが、今ネット上に写真を公開されるという事は、全国の人間に顔が知れ渡ってしまうと同じ意味を持つようになりました。
こういった嫌がらせが効果を持つようになったのも個人間融資のヤミ金を助長させている一因だと考えられます。
中には、引用した記事のように全裸の写真や性行為を要求するようなケースもあり、簡単に生活を脅かす事ができるようになりました。
そんな写真がネットにばらまかれたらと考えるとやはりほとんどの人が取り立てに屈してお金を払ってしまっているようす。

 

個人間融資の被害に遭ったらヤミ金相談へ

どんな人間でも始められてしまう個人間融資は今ツイッターインスタグラムで爆発的に増えています。
アカウントが凍結されたと思ったら新しい業者が現れるので雨後の筍状態です。
そんな個人間融資の被害も現在非常に多く、被害相談も増えています。
やはり写真をばら撒かれる事はなく秘密にしておきたいので、黙ってお金を払うという人も多いのですが、ヤミ金の借金を完済することはほぼ不可能でしょう
そうやってただヤミ金にお金を搾り取られ続けてもいつか払えなくなり限界はきます。
そうなる前になるべく早くヤミ金相談を受け付けている専門家に相談する事を検討してください。
ヤミ金解決はスピードが大切です。

ヤミ金問題の解決には対応している弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

※ヤミ金対応していない法律家も多いため、対応していると表明している事務所に相談するのが1番です。

★当サイトで紹介している弁護士・司法書士

エストリーガルオフィス(司法書士)

九段下総合法律事務所(弁護士)

ウォーリア法務事務所(司法書士)

イストワール法律事務所(弁護士)

スポンサーリンク
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
スポンサーリンク
【ヤミ金対応】グリフィン法務事務所