ヤミ金の相談先を転々とする理由

闇金問題の解決を専門に扱う弁護士や司法書士の中から、自分の希望に沿った専門家に出会える確率は低いです。 例えばネット検索などで「この人に相談してみたいな」と思った弁護士が、自身の住まいから遠く離れていたり、せっかく希望の事務所に依頼できたと思っていても、事務所には複数の弁護士や司法書士が在籍しているため、希望していた担当者とは違ったり、なかなか事態が進展しないなど理由は様々です。

ヤミ金被害者がヤミ金相談を決断するときは、相当切羽詰った状態であることがすくなくありません。一刻も早く解決し、すぐにでもヤミ金と縁を切りたい人が多いのです。 ヤミ金業者に無知の素人が立ち向かうより、法律のエキスパートである専門家に間に入ってもらった方が早く解決すると思っているのですから、解決に向けて事態に進展がなければ、「別の専門家にしたほうが…」と心が揺れてしまうのも無理はありません。

多い人は二度三度と相談先を変えるそうですが、すべての弁護士や司法書士がヤミ金に対応しているわけではありません。専門家にも得手不得手がありますので、相談に行く前にヤミ金相談を受け付けているかどうか確認をしましょう。

また、弁護士と司法書士では費用に違いがあります。弁護士に相談する場合は、相談料として5000円前後の費用がかかります。相談時間によっては延長料金を取られることもあります。 他にも着手金、成功報酬金の両方を請求してくる場合もあり、ヤミ問題の難易度などによってはさらに費用の増額をする可能性もありますので、しっかり確認してから行動しましょう!