ヤミ金と消費者金融

バブル全盛期以降、あらゆる都市に急速に勢力を伸ばした貸金業者を「サラ金」と呼んでいましたが、現在では「消費者金融」と呼ばれています。
街のあちこちに事務所を構え、著名な芸能人を使ってTVCMを流すなど、イメージアップを図ってきた甲斐あって、今では善良な貸金業者としての認知度を上げています。

消費者金融は、平成22年に改正された「貸金業法」の規定に従って、正規登録を行い法定金利を守って貸金業を営んでいますが、これに反してヤミ金融業者は無登録で法定金利を守りません。

これが、『ヤミ金融』と『消費者金融』の大きな違いです。

ヤミ金業者は相手の支払能力や財務環境を、さほど問題視していません。「借りたい」と希望する人がいれば、その人が無職であっても、ブラックリストに乗っていようが、お金を融資します。中には融資審査も行わず、担保や連帯保証人なども不要とする業者もいるくらいです。

ヤミ金は、融資の際の条件が甘い変わりに、違法な高金利で貸付けて回収で利益を伸ばす業者です。
そのため完済を希望する顧客に対しては言葉巧みに上手く言いくるめ、絶対に完済させません。完済させてしまうと顧客を一人失い、高金利で回収できる得意客を失うからに他なりません。

さらに支払わせ続けるために様々な手を使って接触してきます。ヤミ金業者がよく使う完済阻止の手口については『ヤミ金が完済阻止に良く使う手口』に書きましたので、ぜひ参考にして下さい!

違法な高金利を強要してくるヤミ金業者とは、少しでも早く手を切ることを考えるべきです。まとまったお金を身内や親戚から借り入れができるなど、完済のチャンスを得た時は、決してヤミ金業者の言いなりになることなく「完済します!」と言う強い意志を持って縁を切ることが大切です。

しかも困ったことに、ヤミ金業者は支払いが遅れようものなら、容赦なく勤務先や身内へ連絡するなど、嫌がらせや脅迫じみた取立て行為を行うことで、支払いを促そうしてくるわけです。

「ここの闇金とはもう何十年も支払いを継続していて付き合いも長いから、1~2回返済が遅れるくらいは待ってくれるはず」なんてタカを括っていた人が、目くじら立てた闇金業者の取り立て担当者に自宅に乗り込まれて「今すぐ払え!」と怒鳴られたケースも多々あります。

闇金業者と顧客との間に「信用」や「信頼」なんてものは成り立ちません。むしろ『消費者金融もヤミ金も同じ』と甘くい考えていると、痛い目に合いますのでご注意下さい。