ヤミ金が完済阻止に良く使う手口

ヤミ金を始めとする貸金業者は、顧客が支払う利息がそのまま利益となります。そのため、借りたお金をキレイに完済されるということは、ヤミ金業者の立場からみれば、大切な回収先が1つ減ることになるのです。 そこで完済が近い顧客に対して、完済を阻止するためにヤミ金業者が行う手口が2つあります。

小額融資を何度も持ちかける

完済が間近に迫った債務者に対して、2~3万の小額の融資を持ちかけます。
個人情報を握られている弱みから、ヤミ金業者との関係悪化を恐れて、断りたくても断れないのが現状です。 新しく融資を受けた分だけ完済までの期間が少し延びてしまうわけですから、完済が目前だったことを考えると、その精神的な負担は計り知れません。 その後も数度に渡り同じような手口で小額融資を持ちかけ、完済日を引き伸ばそうとしてきます。

ジャンプを要求する

『ジャンプ』とは、返済日に資金を用意できなかった顧客から、利息分だけ回収することをいいます。
本来、返済金は元金+利息で成り立っているので、順調に元金も返済されて、残債も減っていきます。 しかし、このジャンプでの支払い回数が長引けば長引くほど、支払っているのは利息だけで元金は1円も減りません。
「返済を待ってもらえた」「融通を利いてもらえた」と喜んでしまいそうですが、実は完済を嫌うヤミ金の手口にまんまとのせられているのです。

ヤミ金側は巧妙な手口を使って債権者から回収し続けようとするため、ヤミ金業者から優良とみなされた債権者は、どんなにまじめに返済を続けても完済させて貰えません。
ヤミ金と手を切る方法がないかという相談が減らないのは、完済させて貰えない事情があることも原因の一つといえるでしょう。