クレジットカードと買取屋

クレジットカードには『キャッシング枠』と『ショッピング枠』がありますが、『キャッシング枠』はその名の通り、設定されている上限額まで融資を受けることが可能です。
また『ショッピング枠』は買い物に対する代金をカードで支払うための枠となります。
このクレジットカードのショッピング枠を利用して正規商品を購入させ、それを現金で買取る名目で相手に現金を融資するヤミ金業者を「買取屋」と呼びます。

主なクレジットカードのキャッシング上限は20万円と設定されていることが多いのですが、ショッピング融資の上限は倍以上の50万円設定のカードもあります。つまりキャッシングの枠が一杯でも、ショッピング枠は別枠になるので、50万円までの買い物が可能になります。

手口としては、まずクレジットカードで、高価で転売しやすい商品をショッピング枠で購入させ、買取屋がその商品を定価の3~4割の値段で買取るのです。
例えば、新品のノートパソコンをショッピング枠を利用して30万円で買わせます。それを現金10万円で未開封のまま引き取り、下取り業者やネットオークションなどで売りさばいて転売利益を得るのです。
パソコンは未開封で保証もついていますし、正規のお店で購入した正規品なので当然高く売れます。

顧客側は商品代として10万円の現金を受け取るのですが、同時にパソコンを購入したショッピング枠30万円の借金が残ることを忘れてはいけません。
もしもカード返済が滞れば、金融事故として信用情報機関に顧客自身が登録されてしまいます。 また、最初から商品を換金目的で購入しているところから、カード利用違反などでクレジット会社から詐欺罪で訴えられる可能性もでてくるのです。

そうなってしまうと、キャッシング枠等のローン残高を全て一括返済しなければいけなくなり、自分で自分の首をしめる結果になりかねません。
ヤミ金業者に言われるがまま、換金目的で商品を購入してしまっていたら、業者に手渡す前にクーリングオフで商品を返品しましょう!